■大人にきびとケミカルピーリング



   大人にきびはできているときもつらいですが、長期に
   わたって悩まされた上、それが跡に残ってしまう、
   ということも悩みの一つといわれています。皮膚科では、
   大人にきびの治療の一種として、ケミカルピーリングを
   することができます。

   これは大人にきびの治療だけではなく、肌のトラブルに
   悩む人が美肌を目指して受けたいと思う治療のひとつ
   でもあります。ケミカルピーリングは高濃度のフルーツ酸
   (AHA)などを肌に直接塗り、角質に浸透させるという
   治療です。フルーツ酸に含まれる酸が角質層に働きかけ、
   細胞同士の接着力を弱めてくれるので、角質をはがした
   ように落とすことができます。

   汚く跡になってしまったにきびのほかにも、小じわに
   なってしまった角質層がはがれ、酸による刺激で肌の働き
   自体も活性化され、美しい肌にすることができます。

   ただし、ケミカルピーリングは、すべての大人にきびの跡
   の治療に役立つ、というわけではないことを覚えておき
   ましょう。人によっては、ケミカルピーリングをしたことで、
   肌の状態が悪化してしまう人もいるので、施術の前には
   きちんとしたカウンセリングを受け、どのような酸で、
   どのような濃度で処方されるのか、ということや、予想
   される状態などについてきちんと説明を受け、納得してから
   治療を受けるようにしましょう。

   日本人にはフルーツ酸が合っているようですがその他にも、
   ケミカルピーリングにはさまざまな薬剤が使われていますので、
   自分にはどんな薬剤が処方されるのか、きちんと聞いてみる
   といいでしょう。

■本サイト人気コンテンツ

  ★ あごにもできる
  ★ 見分け方を学ぼう!
  ★ 皮膚科で治療する
  ★ ケミカルピーリング
  ★ レーザー治療編
  ★ 大人にきびと洗顔