■大人にきびを皮膚科で治療する



   大人にきびは、自然に治癒してしまう場合もありますが、
   思春期のにきびとは性質が異なる場合があり、なかなか
   短期間で治すのが難しいものです。そんなときは、皮膚科
   で治療するようにしましょう。大人にきびを放っておくと、
   治らない跡になって残ってしまうことがあるので、気になる
   ときは早めの治療がいいでしょう。

   皮膚科での治療にはいろいろな種類があり、塗り薬で対処
   する場合もありますし、飲み薬が出される場合もあります。
   また、すでに跡になってしまった大人にきびの治療には、
   レーザー治療やケミカルピーリング、イオン導入などを
   行っている皮膚科もあります。

   これらの治療については、よく医師と相談の上、方法を
   選ぶようにしましょう。もちろん、きれいに治すに越した
   ことはありませんが、ケミカルピーリングやレーザー治療
   にはそれなりの費用がかかってきます。

   また、一度で治療が終わるというわけではなく、長期に
   わたる治療が必要になる場合もありますので、自分で
   どのような方法を選択するか、きちんと話した上で納得
   して選択するようにしましょう。

   どのようなときににきびが出ているのか、ということを
   カウンセリングすることで、自分の大人にきびの原因が
   なんであるか、ということをある程度把握することも
   大切です。寝不足なのか、ホルモンの問題なのか、など
   については、皮膚科でもホルモンバランスのチェックなど
   を行って調べてもらうことができます。

   こうした検査などによって自分のにきびの性質をよく知り、
   対処を考えるようにすることも大切です。

■本サイト人気コンテンツ

  ★ あごにもできる
  ★ 見分け方を学ぼう!
  ★ 皮膚科で治療する
  ★ ケミカルピーリング
  ★ レーザー治療編
  ★ 大人にきびと洗顔