■大人にきびの見分け方



   大人にきびができているのではないかと疑っている
   ものの、それが大人にきびなのかどうか自信がない、
   ということ、ありませんか。大人にきびは、そのほかの
   湿疹の症状と似ていることもあるので注意しましょう。

   いくつか間違いやすい症状がありますが、一番勘違い
   しやすいのは、毛包炎です。ぶつっと盛り上がった湿疹
   のようなものが見られる、という意味では、大人にきび
   に似ています。ただし、これはまったく大人にきびとは
   違った病気です。

   毛包炎の原因は、毛穴の奥に軽い傷が付いたり、皮膚が
   長く湿ったりしていると出てくる症状だと言われています。
   また、薬を塗ったことによって起こることもあるそうです。
   こうしたことが原因で出てくるものなので、皮脂の分泌と
   角質層の問題で起こる大人にきびとは、まったく性質も
   ことなったものなのです。

   ですから、この二つを勘違いしてケアをしていても、
   違っていれば症状が改善されない場合もある、という
   ことですね。この二つを見分ける方法としては、
   できている場所を意識してみる、ということも一つです。
   大人にきびとは違い、毛包炎は首(特に首の後ろ)や太もも、
   お尻などによく見られます。

   対して大人にきびは、Uゾーンや胸、背中などに見られる
   ものなので、これを判断材料の一つにしてみてもいいで
   しょう。ただし、自分ではなかなか判断のつかない場合
   もあるので、そういう場合は皮膚科などに相談して診断
   してもらうといいでしょう。早めに症状をしっかりと理解し、
   正しい対処をすることが大切です。

■本サイト人気コンテンツ

  ★ あごにもできる
  ★ 見分け方を学ぼう!
  ★ 皮膚科で治療する
  ★ ケミカルピーリング
  ★ レーザー治療編
  ★ 大人にきびと洗顔