■大人にきびの原因



   大人にきびは、思春期のにきびのように春から夏にかけ、
   皮脂の分泌が活発になる時期に見られる、というもの
   でもなく、一年中見られるのも特徴です。大人にきびが
   できる原因は、肌のターンオーバー、つまり肌の細胞が
   生まれ変わるサイクルが年齢とともにうまくいかなくなり、
   角質層に異変が見られるようになることにも起因しています。

   角質層が硬くなり、毛穴がつまってしまうと大人にきびを
   生みやすい状態ができてしまうのです。また、角質層の
   バリア機能が低下してしまうこともあって、雑菌で角質層
   が汚れ、毛穴をふさいでしまうということもあります。

   ですから、肌が乾燥して角質層が硬くなっている乾燥肌の
   人にも大人にきびはできてしまうのです。それだけではなく、
   大人にきびは、寝不足などをはじめとする生活の乱れによる
   ストレス、生理周期によるホルモンの増加によって皮脂が
   増加してしまうこと、などによってもできてしまうと
   いわれています。

   大人にきびは、思春期のにきびのように原因がアクネ菌と
   ホルモンの分泌、とはっきりしているわけではなく、
   さまざまな要因が絡み合い、さらに体自体の老化による
   抵抗力の衰えによってできてしまう、ということが
   多いようです。ですから、特定の原因をつきとめ、
   それをシャットアウトする、ということが難しいとも
   いうことができます。

   まずは規則正しい生活をして、スキンケアなどを心がける
   ことによって、多少は症状が改善されてくることもあります。
   寝不足をしない、食生活が偏らないようにする、ストレス
   をためない、など、生活習慣の乱れを取り除き、大人にきび
   を予防するようにしたいものです。

■本サイト人気コンテンツ

  ★ あごにもできる
  ★ 見分け方を学ぼう!
  ★ 皮膚科で治療する
  ★ ケミカルピーリング
  ★ レーザー治療編
  ★ 大人にきびと洗顔