■大人にきびと思春期のにきび



   あらためて思春期のにきびと大人にきびの違いを検証して
   みましょう。そのために、まずは思春期のにきびを見て
   いくことにします。思春期のにきびは、その名の通り、
   10代の思春期の頃に多く見られるにきびです。

   できる場所は額や鼻のあたり、いわゆるTゾーンと呼ばれる
   辺りにできてきます。その原因は皮脂の過剰な分泌です。
   思春期は、ホルモンの分泌が盛んになり、それまでの
   バランスが崩れ、皮脂が過剰に分泌される時期。特に男性
   ホルモンは皮脂の分泌をたくさんするので、多くの人が
   なんらかの形でにきびを経験するそうです。

   でも、もちろん女性も男性ホルモンを持っているので、
   この影響で思春期ににきびができるのです。また女性は
   月経があり、この周期に合わせて分泌される女性ホルモン
   の一部は肌を不安定な状態にするので、これによりにきびが
   できやすくなるといわれています。

   対して大人にきびは、できる場所も思春期のにきびと
   違います。口の周りや頬、あご、首の辺りにできるのが
   特徴です。大人にきびの原因は、ホルモンの分泌では
   ありません。実ははっきりした原因が特定されてはいない
   のですが、さまざまな要因が絡み合い、にきびとなって
   現れるといわれています。

   思春期のにきびは皮脂の分泌が原因なので、脂性の人は
   できやすい体質に悩むようですが、大人にきびは乾燥肌の
   人でもできてしまうのが特徴です。

   こうしてみると、思春期のにきびと大人にきびは、表面的
   には同じように見えても、その治療や根本的な改善には、
   違った意識が必要なようですね。

■本サイト人気コンテンツ

  ★ あごにもできる
  ★ 見分け方を学ぼう!
  ★ 皮膚科で治療する
  ★ ケミカルピーリング
  ★ レーザー治療編
  ★ 大人にきびと洗顔